イタリア語の勉強に使えるモノを集めてみました。教材・辞典・映画など

パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記

パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記

人気ランキング : 17430位
定価 : ¥ 580
販売元 : 文藝春秋
発売日 : 2004-09

価格:¥ 580
納期:通常24時間以内に発送

オススメ度

とても面白い。
何がって、通訳というお堅い職業に就いているのに、
著者のとっている行動が面白い。
「思わず下のアイラインを落す。」とか
その場面を想像して一人で笑ってしまった。
でもこの業界にちょっと頭を突っ込んでいる
私は、心の底から笑っているにもかかわらず、
背筋が寒くなった。
終わった後、ゾーと。
彼女の努力と経験には脱帽。
アップテンポであり、同時通訳の
俊敏の技が文章からも垣間見れる、
痛快コメディーありの読み応えある本。

オススメ度

通訳奮闘記というサブ・タイトルにつられて、フランス語専攻なのについ買ってしまいました。
とにかく、すっごく面白いです。彼女の天性の機知、経験によるピンチを切り抜る技にはただただ脱帽します。読んでいるだけで凍り付いてしまうような修羅場も、ものすごい柔軟さとヴァイタリティでしのいでいる。それを飄々とシャレにしてしまっている精神力もすごい。難しい言葉も結構でてくるし、他の人が書いたらただの自慢話になってしまうようなエピソードも、彼女の抜群のユーモアと全く押し付けがましくない言葉の選び方で、本当に面白く勇気を与えてくれるものになっています。一流っていうのはこういう人のことを言うんだろうな。
興味があった同時通訳の裏話も、面白いですね。イタリア語専攻じゃなくても、他国語を学ぶ人たち、仕事にする人たちは絶対楽しく読めると思います。

オススメ度

タイトルからは想像がつかないほど、ユーモア(適度な下世話ネタを含む)あふれた内容で、あっという間に読み終えてしまいます。イタリア有名人のちょっとした素顔あり、イタリア観あり、そしてやはりなんといってもすごいのは数々のシモネッタ!話を著者の日本語力と文才を持って、消化いや昇華させているところです。普段想像つかない一流通訳者の生活を楽しく具間見る事ができます。著者の写真がどこにもないのがちょっと残念。

オススメ度

翻訳はできても通訳はとてもまねができる気がしない。マイノリティのイタリア語通訳の第一人者が語る裏話の数々ともあれば、通訳の対象はローマ法王以下、各界の要人たちもすくなくなく、一筋縄ではいかない相手やシチュエーションばかり。通訳の「凌ぎ」の技を垣間見させてもらった気がする。豊富なギャグも「シモネッタ」姫の名に恥じないが、下品にならないところはさすが。

オススメ度

外国語を勉強されている方で一度でも通訳(らしきものでも)をした経験がある方にはとても共感できる本です。
更に、第一線で働く女性のしなやかな強さが理解できます。仕事の失敗をくよくよ悩んでいる方にもオススメできる一冊です。
イタリア人の見方も変わりますよ(笑)。

売れ筋商品

このページの情報は
2006年 9月 9日14時17分

このページのトップに戻る
Copyright 2006 イタリア語を勉強しよう All rights reserved.