イタリア語の勉強に使えるモノを集めてみました。教材・辞典・映画など

ゼロから話せるイタリア語―会話中心

ゼロから話せるイタリア語―会話中心

人気ランキング : 175378位
定価 : ¥ 1,680
販売元 : 三修社
発売日 : 2000-09

価格:¥ 1,680
納期:通常24時間以内に発送

オススメ度

イタリア語初心者の自分が、初めてイタリア語を勉強し始めた
時に使ったのがこの本です。それから10冊弱の本を見ましたが、
この本の構成が一番わかりやすくまとまっていました。

英語でいうbe動詞を学ぶダイアログから数えて21のダイアログで
構成されており、最後は近過去と未来形で終わります。
一つ一つのダイアログは、1ページ目に簡単な会話、2ページ目に
その解説、そして3、4ページ目に文法の説明があります。
いずれも4ページでまとまっていて、計画的に勉強しやすいです。

巻頭には「こんにちは」や「さようなら」と言った挨拶があり、
最後には文法のまとめと動詞の変化表、意味やアクセントまで
付いた単語の索引があります。

CDも付属していますが、個人的にはヒヤリング向けというよりは、
文法の基礎を学ぶのに適した本だと思います。

オススメ度

ものすごく良くまとまっていて、これ以上のイタリア語の入門書は、考えられないくらいです。

まず、最初にこれだけは覚えておきたい必須のフレーズが20だけあげられています。
その後は、4ページごとに21のダイアローグと文法説明、応用表現がまとめられています。

ダイアローグや応用表現は必要なものがよく選ばれていますし、文法説明もとても分りやすいです。

紙面も非常にコンパクトに見やすくまとめられていて、イタリア語の文法と会話表現の両方を無理なく習得することができると思います。

もう少しだけ、付属のCDが充実していれば本当に言うことがありません。

オススメ度

薄そうな内容、さえないイラスト、安くはない価格設定に購入を
かなりためらいましたが、ところがどっこいものすごい名書でした。
私は語学入門書には以下の性質が必要だと思います。
1,文法の解説は、その本の例文を理解できる以上には深入りしないこと。
2,動詞の活用は、1度に全てを覚えさせないこと。
3,CDやテープがついていること。

4,発音やアルファベット、数字・月・曜日などは「最後に」まとめて触れること(この点についてはは、この本が始めて満たしてくれました)
5,例文の内容が日常生活や海外旅行など、実用的なものであること。
(物語などを例文にしている本は論外!)
などです。
 ほとんどの本は大抵、余計な知識に深入りしたり、「全てを詰めこもう」

とすることが多いのですが、この本は違います。ものすごく分かりやすく
イタリア語の全体像を知るには最高です。
なんか回し者なんじゃないかってぐらいホメまくってますが(笑)、
絶対にイタリア語を学ぶならこの本から入って欲しいと思います。

オススメ度

今までいろいろなイタリア語の入門書を使ってみたが、本書が一番やさしい。文法事項は最小限にとどめられており、余白もたっぷりあり、とても使いやすい。実践に役立つ会話ばかりが集められているのでイタリアで生活する人は持っていくと重宝するだろう。説明はとてもていねいで、また各ぺ-ジにそのペ−ジの読み方のイタリア語表記が付けられているなど、かゆいところに手が届くような配慮には著者の良心的な姿勢がうかがえる。この本の続編がぜひ欲しい。本書でもし挫折する人がいれば、どの入門書をやっても物にならないだろう。

売れ筋商品

このページの情報は
2006年 9月 9日14時17分

このページのトップに戻る
Copyright 2006 イタリア語を勉強しよう All rights reserved.